薄型板金プレスとカシメ装置ならエナミ精機

カシメでスポット溶接を無くしてみませんか?創業49年。特許取得100件以上!国内・海外向け生産ライン納入350件以上!薄板板金プレス技術、独自のカシメ技術を用いた塗装鋼板加工により、小ロット多品種自動化を実現。世界中の生産技術担当者のお悩みを解決します!

エナミ精機がつくる特注プレス機械とは

適切な加工力を持つプレス機

例えば、2m × 1m のワーク(製品)を加工するとした場合、金型は 3m × 2m ほど必要になります。このぐらいの大きさだと、汎用的なプレス機では600tプレスほど必要になります。これは金型の大きさから算出されるものです。

ただし、製品の加工力としては、このような大きさでも 100t 〜 150t ほどで済む場合があります。こういった場合、金型の大きさに合わせて大型のプレスを導入することは、スペースも加工力も、もったいない事になります。適切な加工力を持つプレス機を作ることで、導入する加工機械のコスト削減や、省スペース化を実現できます。

ピットレス化

工場の生産性改善などの理由で、生産ラインのレイアウト変更などを行う場合でも、エナミの特注プレス機械はピットレス化を実現しているため、自由にレイアウト変更を行う事ができます。

省スペース化

組み立て工場のように、天井が低く高さに制限があり、大きなプレス機が導入できない現場でも、エナミの特注プレス機械なら省スペースで導入できます。

また、製品の組み立てを行う場合、プレス工場で加工された部品を、組み立て工場に搬入し組み立てることが一般的ですが、エナミの特注プレス機械なら、組み立て工場にプレス機を設置することができるため、プレス加工から組立までの一貫ラインを構築することができ、生産性を向上させる事ができます。

塗装鋼板をプレス加工できる

エナミの特注プレス機械は、塗装鋼板に特化した独自の金型を使用することで、塗装鋼板をまったくキズを付けずにプレスやカシメを行うことができます。塗装鋼板を使うことで、プレス加工 → 溶接(組み立て)→ 塗装 → 最終組立といったバッチ式生産から、一貫ライン生産化を実現でき、工程が削減され、生産性向上が期待できます。