薄型板金プレスとカシメ装置ならエナミ精機

カシメでスポット溶接を無くしてみませんか?創業49年。特許取得100件以上!国内・海外向け生産ライン納入350件以上!薄板板金プレス技術、独自のカシメ技術を用いた塗装鋼板加工により、小ロット多品種自動化を実現。世界中の生産技術担当者のお悩みを解決します!

給湯器外ケース製造ライン(プレスライン・ベンダー・カシメ機)

develop-03main1 develop-03main2 develop-03main3

develop-03main4 develop-03main5 develop-03main6

お客様の課題

従来の表面処理鋼板のスポット溶接と塗装による外ケースの生産方式から、PCM鋼板と亜鉛鉄板を組み合わせたカシメによる接合の生産方式に変更し、従来の溶接と塗装工程を廃止し大幅な工程短縮と仕掛り削減を図ると共に、最近特に認識が高まっている環境に配慮した生産方式を実現させたい、又そのための設備投資額は極力圧縮したい。

当社の開発目標

当社の得意技術であるカシメ工法の中でエナロックシリーズの1つであるドローロックのマルチツール化によるケース一体カシメ技術の採用、並びにマンマシン化によるコストパフォーマンスの高い生産ラインの開発を目指す。

生産ライン概略仕様

生産材 胴板(塗装鋼板) 裏板、底板(亜鉛鉄板)
製品形状 (L):573m/m × (W):592m/m × (H):322m/m
制御 サーボ制御
加工工程 develop-03sub1
カシメ方式 ドローロック方式
生産タクト 20秒/台
生産方式 ベンディングマシン、
カシメ装置へのワーク供給は人手による

完成品

develop-03sub2