薄型板金プレスとカシメ装置ならエナミ精機

カシメでスポット溶接を無くしてみませんか?創業49年。特許取得100件以上!国内・海外向け生産ライン納入350件以上!薄板板金プレス技術、独自のカシメ技術を用いた塗装鋼板加工により、小ロット多品種自動化を実現。世界中の生産技術担当者のお悩みを解決します!

この度、株式会社エナミ精機は皆様のおかげで創立50周年を迎えることとなりました。
1968年3月、大阪府八尾市太子堂、創業者の生家裏の下屋で産声をあげた会社は創業者江波俊明が裸一貫で創業しました。
創業当初は茶筒や菓子缶の板金金型およびカシメ金型の制作に従事する中で、家電やガス機器の金型製作にシフトしていきます。
1975年4月には、現在の社名である株式会社エナミ精機に組織変更しました。また、この年より、装置の製作が始まります。
1978年には初めての海外への装置輸出を開始し、この当時より世界を目指すグローバルな展開が開始されました。
創業の地大阪府八尾市にて20年の時を経て、1990年に舞鶴工場が完成稼働し現在に至ります。

エナミ精機は金型、装置の製作の上で独自の技術やノウハウを投入または新規に開発することにより、
お客様からの信頼を得て成長してまいりました。

これからも現状の技術にとらわれずに、新たな取り組みに躊躇することなく、挑戦し続けることが生き残って行く根幹だと信じています。
エナミ精機が現在に至るまでの50年、本当にたくさんの人のご支援、ご協力を得て参りました。
この先10年20年とさらに成長発展していけるよう、またこれまでにお世話になった方々に恩返し、
さらなる応援がいただけるよう、社員一同力を合わせ、頑張って行きたいと思います。
これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社エナミ精機

エナミ精機の事例

[シーマ加工装置(シーミング加工)]
[シーマ加工装置(シーミング加工)]
[住宅建材]
[キッチン・厨房]
[キッチン・厨房]
エナミ精機のLINE@